賃貸住宅の原状回復は基準があいまいなところがあるので、入居時から退去時のチェックに備えておくと安心です。

賃貸の敷金礼金の有無のメリットとデメリット
賃貸の敷金礼金の有無のメリットとデメリット

意外と基準があいまいな賃貸住宅の原状回復

賃貸住宅の原状回復は、基準があいまいなことが多いように感じます。退去する時に余計な修繕費を加算されないよう、入居時から予防線を張っておくと良いと思います。私も何度か賃貸住宅に住んでいます。だいたい契約書には原状回復に関する項目があり、借り主が修繕費を払うのはどんな時か、書いてあります。ワンルームマンションに住んだ時は、壁の変色など経年劣化以外はほとんど借り主が修繕費を払うような内容でした。しかし実際に退去する時、フローリングの傷や壁のちょっとした傷について、指摘されることもなく修繕費も払いませんでした。

あくまで私の感想ですが、チェックしに来る人に左右されるところがあるようです。普段から家賃の支払いをきちんとして、退去時も旧居をきれいにしてあると印象が良くなるのか、少し甘くしてもらえたこともあります。入居中、担当の管理人が変わった時もありました。担当者が変わると、チェックが厳しくなったり逆に甘くなったり変化しました。また、入居前からあった傷や汚れは、引越す前に日付け入りで写真を撮り、証拠として残しておくと安心です。全体に、築年数が経った家の時はチェックが甘かったように感じます。物件によって判断基準が違うので、入居前から退去時に受けるチェックの準備はしておくと慌てずに済みます。